クリニックなどの医療機関で受けられるレーザー脱毛とエステサロンで受けられる光脱毛には出力の強弱や費用、お肌へのダメージなどいろいろな面で違いがありますが、逆にその違いを利用すれば自分の目的に合わせてうまく使い分けることができます。

 

腕や脚、背中などの広範囲のむだ毛を処理したい場合には光脱毛の方がお肌への負担も少なく時間も短くて済み、また費用もリーズナブルです。

 

逆に口元や脇、Vラインなどの狭い範囲のむだ毛を一気に処理したいならレーザー脱毛の方が効果的です。

 

しかし、どちらの施術方法であっても一回で終わるわけではありません。
むだ毛の生え替わる毛周期は毛穴ごとに全て違っているので、最初の施術後に別の毛穴から新しく生えてきたむだ毛に対してまた新しく施術をしなければならないからです。

 

永久脱毛をしたいのであればレーザー脱毛の方が効果が高く確実ですが、それでも5回程度は通う必要があります。
光脱毛はレーザー脱毛に比べ出力が弱い分、二倍程度の施術回数が必要とされていますので、とにかく早く永久脱毛をしたい場合には向いていないでしょう。

 

ただ、近々にパーティーなどのイベントがあり背中の開いたドレスを着ることになったので一時的に背中を広範囲に脱毛したい、といった場合には光脱毛の方が手軽で費用も安く済みます。

 

このように使用目的や処理したい場所によって脱毛方法をうまく使い分けて賢く脱毛ライフをエンジョイしましょう。