サロンでの脱毛によるデメリットとは

サロンでの脱毛には多くのメリットがあります。
しかし、メリットがあれば当然デメリットも存在します。
一体どのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

まずは、脱毛効果がクリニックよりも低いという事です。
サロンで多く実施されている光脱毛は、クリニックで実施されているレーザー脱毛よりもレーザーの出力が低く設定されています。
その分、痛みを感じる事が少なくなっており、これはメリットになっています。
しかし、言い換えれば出力の低さは効果の低さとなり、クリニックと比較すると、どうしても施術回数が多くなってしまいます。
その為、満足の行く効果を得られない可能性があるという事も、デメリットと言えるでしょう。

 

続いて、肌トラブルの可能性です。
サロンでの施術は、肌トラブルが少ないと言われています。
しかし、絶対に肌トラブルが起こらないという事ではありません。
ごく稀な出来事ですが、火傷をしてしまうというケースも、実際に報告されています。
また、炎症が起こる可能性もあります。
しかし残念ながら、サロンには診断を行えるような医師は存在しません。
その為、火傷や炎症が起こったからといって、診断は勿論、薬を出す事もできないという事です。
こうした事から、アフターフォローがしっかりしているかどうかを見極める事が重要となるでしょう。

 

最後に、施術を行う人の技術です。
施術を行う人の技術は、大きな影響を与えます。
新人に施術を行わせるサロンも存在するようなので、信頼できるサロンであるかどうかを事前に調べるようにしましょう。